忍者ブログ

PCでの閲覧推奨。相互リンク募集中。

プロフィール。
HN:
ねこなべ
年齢:
3
性別:
男性
誕生日:
2014/07/21
職業:
プリパラおじさん
趣味:
ゲーム、アニメ鑑賞 etc...
自己紹介:
改名しました、ねこなべと申します。

佐世保鎮守府提督
好きな艦娘は金剛ちゃんデース

プリパラ始めました

来年から忙しくなる予定
かうんたー。
トゥイッター。
ブログ内検索。
カレンダー。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コメント。
[05/03 くるまち]
[03/04 ふぅ太]
[08/26 R666]
[07/25 A4。]
[07/25 ふぅ太]
応援バナー。
テレビアニメ「ぎんぎつね」公式サイト

のんのんびより
QRコード。
アクセス解析
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハローワーク!(・ω・´)ゝA4。です!

とりあえず今日は文化祭の後片付けの後に部活でしんどいです;;;

今日の記事は昨日文化祭の帰りヴァイスを買ったのでその内容でも。
タイトルは化物語です。それではいってみよう〜。

とりあえずコミックと一緒に3パックぐらい買って財布が…;ω;

↓内容はこんな感じ(番号順)↓

C・・・コモン U・・・アンコモン R・・・レア
RR・・・ダブルレア SR・・・スーパーレア CC・・・クライマックスコモン

レア度 レベル/コスト カード名 パワー/ソウル

U 0/0 吸血鬼の成れの果て 忍野忍 2500/1
C 0/0 ”わざとじゃない”八九寺真宵 500/1
C 1/0 忍野忍 5000/1
C 2/1 自称500歳 忍野忍 8000/1

R 0/0 ふっ切れた神原駿河 1000/1
SR 3/2 神原駿河 9500/2
U 0/0 猿の手? 神原駿河×2 500/1
C 0/0 女性に強い神原駿河 2000/1
C 1/0 とっても誠実 神原駿河 5500/1
C 2/1 品行方正 羽川翼 2500/1

RR 3/2 蟹に行き遭った少女 戦場ヶ原ひたぎ 10000/2
U 0/0 阿良々木月火 500/1
U 1/0 戦闘態勢 戦場ヶ原ひたぎ 5000/1
C 0/0 阿良々木火燐&阿良々木月火 2500/1
C 2/1 私服の戦場ヶ原ひたぎ 8000/1
C 2/2 BL大好き 神原駿河 8000/2
CC 噛み噛みの少女
CC 悪魔が去ったのち

U 0/0 千石撫子 1500/1
C 0/0 ネコミミ 羽川翼×2 3000/1
C 1/0 年頃の女の子 千石撫子 5500/1
CC つばさキャット


SRキター(゜∀゜)ー!

神原駿河
駿河ぁぁぁああぁあぁぁぁ!!デザイン可愛いなw

経験持ちで自分のレベル置き場のカードのレベル合計が5以上ならパワー+1000し、
手札アンコールを得るというもの。さらに場に出たときクロックを1枚控え室へ。
・・・あれ?結構強くね?パワー10500の手札アンコール持ちとかw
ちなみに初めてのSRだったりします。

自分的にはひたぎさんが欲しかったのですが…。
RRのひたぎさんも経験+クロック回復持ちで、
レベル置き場のカードのレベル合計が6以上ならばパワー+500し、
バトルで相手のレベル2以上のキャラがリバースした時、
コストを1払い、相手のレベル1以下のキャラを一枚控え室に置くという効果。

これはこれで面白い使い方が出来そうなんですが、
駿河の方が安定して使えそうな気がしますね…。
いつか赤緑で駿河デッキでも作ってみようかな?

とりあえず今日はこの辺で。
コメントやアドバイスをくれると嬉しいです!ではっ!ノシ

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これからよろしくお願いします。

改めて始めまして!
R666と申します。
デュエルマスターズはやってますが、ヴァイスはやっていません…
ですが、同じ弓道部してこれからよろしくお願いします。
こちらの方にも毎日のように来ます。

R666 2011/07/12(Tuesday)09:44:11 Edit
よろしくお願いします。

いらっしゃいです!
しょうもないブログですがよろしくです。

A4。 2011/07/12(Tuesday)19:56:34 Edit
この記事へのトラックバック
Trackback URL